苔むす岩より転がる石

オリジナルアクセサリーブランドgushのブログです。

展示会感想など②

続きです。

うーん。。2時くらいまでかかって書いたのになんで消しちゃったかなぁ。。。

もう、何を書いたかうろ覚えです。。

 

展示会兼販売会ということ

今回参加させていただいたハンドメイドマーケットは、ハンドメイドの販売会ということもあり、価格帯がgushとはかなり差がありました。

今後こう言った販売会に参加するかは未定なのですが、ある程度お隣のブースの情報は得られるので、価格帯を合わせた作品も展示した方が良かったな、と思いました。

でも、お隣の作家さんと情報交換できたり有意義な時間も過ごすことができました。

こういうのも、展示会の醍醐味ですよね。

 

ブースの装飾についての考察


初日

f:id:gush-silver:20180501190711j:image

2日目

f:id:gush-silver:20180501190735j:image

 

敢えて立体感を出さなかったのですが、お客様の目線の動きは全く考慮せずに(そう言った勉強を一切せず)展示しましたが、どことなくあっさりした感じがあったように思います。

 

せめて、一押しアイテムをイーゼルに飾るとか、お客様が目滑りしないように、うちのブースに来たからにはこれを見てってよっていう、本屋でいう平積みにあたる作品を吟味して展示作業を行う必要があったと思います。

 

今回は、販売というよりやはり展示に重きを置いて、まずはgushの存在を知っていただくこと、カタログを1人でも多くの方に手にとっていただくことを重視したのですが、それであれば尚更、足を止めていただく工夫が必要だったかなと思います。

 

 

かけがえない出会い

土曜日にじっとアニマル系リングを見つめる外国人2人組がいて、妻が片言の英語で話しかけたら、

「これは、素材の違いで2つあるということですか?」

と普通に日本語で返されて、ちょっとだけ切ない感じになりました(笑)

妻は外国人の知り合いが多いので、そういう自分の英語力<相手の日本語力の方に会えばあっさりと日本語で普通に会話し、相手が分かってなさそうだと英語を交えてコミュニケーションを取るのですが、今回は相手の日本語の方が流暢だったので日本語でずっと話してました。

 

そんな異国の見た目もゲームのキャラクターですか?ってくらいの綺麗な顔をした外国人の彼、仮にN君としますが、そんな彼はシルバーが大好きなようで、とにかくじいいいいっと見つめては手にとってため息をついて

「支払いは現金だけ?お金今足りないからまた明日来てもいいですか?」

と言われたとき、正直いうときっと社交辞令でおっしゃってくれているんだろうな。

 

やっぱり思ったより価格帯高いのかな。そんなに高くしてないんだけれども。。というような思いが渦巻いていました。

 

翌日、私が少しブースから離れていたら、妻から

「昨日の子来てくれてるから、はよ戻って来て!!」

とラインが。

もはや、感動すら覚えるはにかみ気味のN君の笑顔とペコっと頭を下げてくれた様子で、本当に彼がgushのデザインに惚れてくれたんだなぁと嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 

そしておしゃべりな妻と色々話しながら、

N君「俺、紫の色が好きだから、この瞳の色変えられたら、嬉しい。金額変わる?」

妻「どうなの!?」

私「変わらないで大丈夫だよ」

妻「大丈夫だって」

N君「うん、聞こえたね」

 

なんてシュールな会話をしながら、かなり興奮気味にN君と妻と3人で接客しながら話しました。そして連絡先を交換して彼はブースを後にしましたが、彼が

「ハンドメイドマーケットのお客さんはそこまでお金高いのあるって思ってない可能性あるね。だからこんなに素晴らしいのあってもすぐ買えなかったかもしれない。」

とか、

「シルバーの出店少ないけど、ここのデザインすごくいいと思ったよ。本当に感動したよ」

といった言葉をもらえたこと、本当に励みになりますし、嬉しかったです。

なので展示会中にもかかわらずブログ書いてしまいました(笑)

 

N君がいてくれたおかげで足を止めてくれる方もいらっしゃって、妻はNくんと話しながらさりげなくそういう方々にもパンフレットを渡したりしてました。

私はN君の指のサイズ測ったりしてました。

 

家に帰ってとても疲れていたので直ぐに寝てしまったのですが、翌日直ぐにPCの前に妻が陣取り何やらフォトショップと格闘してましたが、

 

「できた!!!」

 

と言って私に見せてくれたのがこの画像2枚です。

 

f:id:gush-silver:20180502011923j:image  f:id:gush-silver:20180502011930j:image

 

N君の要望に合わせて画像加工してイメージ画像を作ってくれました。

早速N君に画像を送ったところ直ぐに

「カッコいいいいいい!!」

と嬉しい反応をいただけました。

 

また、紫と言っても赤紫が好きとN君が言ってたのに青紫よりのアメジストというカラーしかキュービックジルコニアはなくて、薄〜いラベンダーという色もあるのですが、とにかく青よりだから赤よりの色がないかと、探したてみて、人工ルビーを思い出しました。

 

これで、ある程度N君の理想とするリングを作ることができそうです。

 

早く作業に取り掛かりたいです!!

 

最後にインスタからそのまま引用

https://www.instagram.com/p/BiM7h3pnLZN/

4/28・29とminne主催のハンドメイドマーケットに出展してきたわけですが、そこでgushのアクセサリーをご購入いただいた方、評価してくださった方、実際手にしていただいた方、お話ししてくださった方、とにかくgushと接点を持っていただいた方々、ほんとに感謝です!ありがとうございました!出展するにあたりパンフ作成などに尽力してくれた妻にも感謝!画像のケットシーは、ムラサキ系の石でのオッドアイをオーダーいただいたNくん用にフォトショ加工したもの。まるでファイナルファンタジーの世界の住人のようで銀髪がとてもよく似合ってるNくんにピッタリどハマりのケットシー!#silveraccessory #silveraccessorygush #gush_accessories #silverring #caitsith #minne #シルバーアクセサリー #シルバーリング #ケットシー #ファイナルファンタジーの世界の住人 #ミンネ

 

2日間疲れましたが、とても貴重な体験ができました。

 

まだまだ書き足りない気がしますが、今日はこの辺で〜。

 

 

 

展示会感想など

行ってきました、minneハンドメイドマーケット2018。

 

販売会というより、本当に展示会になってしまいましたが、色々収穫はありました。

 

デザインについて

「あ〜、可愛い!!」

 

と、ペアスカルのリングを手にとっていただき仰られる女性のお客様が想像してたよりずっと多かったことに驚きました。

 

https://www.instagram.com/p/BbmiVBQnWLg/

 

「カッコいい」

 

といった反応はある程度想像していたのですが、やはり実際にじっと顔を近づけて眼を見張るようにして見つめていただけた瞬間は本当に嬉しかったです。

 

特にオオカミリングは、「いいね」をいっぱいいただけているので、どうだろうと思ったのですが、やはり目につきやすかったのか、手にとってじっと見つめていただくことが多かったように思います。

 

f:id:gush-silver:20180501020246j:image

 

若い方だけでなく、結構年齢が高めの女性のお客様も、ご購入いただくわけではないのですが、手にとって

「へええ!!!すごいわねえ!」

と感想をおっしゃっていただくこともあって、さっとちらっと見て通り過ぎようとした方がふと足を止めてアニマルリングシリーズをじっとご覧になってくださった場面も、上記のような反応をいただけた場面も、自信に繋がりました。

 

。。。

この先も書いていたのになぜか全部消えて、心が折れたのでこの先は。。また今度。。。

 

 

なんで消えちゃったんだ。。。。(号泣)

技術的な記事を少々

さて、はてなブログを始めて、この前検索してみて意外にも彫金についての記事があまりなさそうだと思いました。

たしかにマイナーなジャンルではあるのですが、もしかして技術的な部分を書いたら、ニッチゆえに逆に目立つかも!なんて思ってちょっとPCの前に座ってみました。

 

gushのシルバーアクセサリーは以前から何度か記事にも記載いたしましたが、ロストワックス技法で制作しております。

簡単に説明すると、ワックスでシルバーの作品になる元の形を削ったり盛ったりしながらつくって、そちらを石膏のなかに入れて固めて、あとから高熱でその石膏の中のワックスを溶かす。

そうするとワックスのあったところが空洞になるのでそこにシルバーなり、真鍮なり、アクセサリーにしたい金属を流し込む。

最後に石膏を割って壊して、鋳造した金属を取り出して、その後仕上げをするという流れですね。

 

私の場合は、この①ワックスをつくること、鋳造は鋳造業者様にお願いして、上がってきたシルバーを商品になるように②仕上げをすることを行っております。

 

本日はワックスで立体造形するということについて簡単に説明します。

 

まず、デザインについてですが、私はイラストを描いてからとりかかかる場合と、最初からワックスを削る方法2パターンでやっております。

 

イラストから取り掛かるパターンをご紹介します。

 

ある程度いろいろな角度のイラストを描きます。

(見本はスト2より、春麗

f:id:gush-silver:20180430165335j:plain

 

 

そしてそれが頭の中で立体としてイメージできたら、削り出す作業に入っていきます。

https://www.instagram.com/p/Bb8c8wGnpt8/

 

ひたすら削り出していき、形にしていきます。

イラストと見比べていただければ、割とイラストどおりに削り出せてると思いますが、いかがでしょうか。

(むしろ、上の画像が下になる過程を詳しく教えろって感じでしょうが、笑)

 

https://www.instagram.com/p/Bb9qxq6nDei/

 

今回はお団子は後付け。青のワックスで作って緑のワックスに貼り付けるような形で仮でつけております。

 

https://www.instagram.com/p/BcHgCYynWk3/

 

ここでいったん作業中止しました。

というのは、ほかにやらなくてはならないことが山盛りできてしまったためです(苦笑)

 

私は主にハードワックスから削り出すことが多いです。

インジェクションワックスは、リングシリーズをペンダントにする場合などに使います。 一例ですが、cait sith(ケット・シー)のリングとペンダントです。

https://www.instagram.com/p/BbCBYbUnPwB/  https://www.instagram.com/p/BfvUfDEB9HT/

 

こちらはリングのシリーズがあってペンダントシリーズを後から作りました。

原型を作るためのワックスはインジェクションワックスで作りました。

 

とまぁ。。この辺りまでは別にロストワックスでシルバー制作してる人なら誰でも知っている内容なのですが、順に説明できる部分まで説明していきます。

 

本日はさらっと本当にさわりだけ。

 

何かご質問やご意見があればコメント下さい。

答えられる範囲でお答えいたします!

 

それでは本日はここまで!

 

 

 

 

 

 

 

嬉しすぎる言葉 そんなことある!?

ハンドメイドマーケット2018出店中ですが、嬉し過ぎる出来事があったのでブログ書きます。

 

f:id:gush-silver:20180429135928j:image

 

シルバーアクセサリーが好きなお客様で、このケット・シーシリーズをたまたまネットで見てて、ウチのブース通りかかって、

 

「あ、あれ!!!見たことある!!!」

 

となってとても嬉しくなったと。

そんなお話を昨日今日とブースに来くれてしてくれました、本当に嬉しかったです。

 

そんな奇跡ってあるのかしらと。

お互いに話しました。

(あちらはあちらで、喜んでくれていました)

 

本当に本当に嬉しい出来事です。

 

嬉し過ぎてまだ震えてる(笑)

 

瞳のカラーチェンジご希望でしたので、帰ったら早速製作にとりかかります。

 

やる気またでて来ました!

 

東京ビックサイト到着

f:id:gush-silver:20180429080023j:image

 

いい朝です。

意外に会場は寒いです。

トイレも広くていろんな作家さんのブースを見るのがとてもいい刺激になります。

 

さて、朝食食べたら準備しよう。

 

キャンペーン告知できなかったなぁ。。

 

色々な反省はあるのですが、それはおいおい書きます。

 

敢えて高さを出さない(出せない)

一応こんな感じでディスプレイしてみました。

お隣が高さ出してるので敢えて高さ出さずに平面的な感じにしてみました。

 

f:id:gush-silver:20180428091657j:image

 

まぁ、ほぼ寝てないですw

(1時間寝ました)

 

売れる売れないより、知名度上げるぞ!で来ました〜(*゚∀゚*)

 

お隣めっちゃ可愛い系で、一人だけメンズ感凄くて浮いてるgushです(笑)

 

とにかく、眠い。。。